期間工職員求人増加の社会への影響

最近では以前ほどではありませんが、契約社員・派遣社員・期間工職員などが求人されるようになって来ました。数年前に起こったリーマンショックの際は、多くの製造業でこうした非正規職員の求人と採用、解雇が頻繁に行われ一時期は社会問題となっていました。


契約社員や期間工職員の採用割合の増加は社会に対して大きな影響を与えたといえます。

期間工の求人が最近こちらで話題になっています。

一つは、給与や地位が正規職員と比較して不安定であることから、給与が少なく、安心して消費ができなくなってきた点です。

日本の経済モデルは輸出が中心の経済モデルというよりも、国内の内需中心の経済モデルであると言えます。

そのため、景気を活性化させて勢いをつけるには、国民に多く消費をしてもらわなければ、お金の流れがストップし、景気が悪くなってしまいます。


一方で、期間工職員などの求人が頻繁に行われそうした人たちが企業に大量に採用されたりすると、なかなかそうした人たちは消費をしてくれなくなります。

一般的に期間工職員は、雇用期間が有期で決まっており、期間が満了するとその日で解雇されることから、なかなか安心してお金を使ったり、モノやサービスを購入したりすることはできなくなります。

また、多くの人が給与が固定化され、ある程度長期間雇用されたとしても、給与が昇給されたり、ボーナスが支払われることはありません。

そのため将来を不安視して安心して消費ができなくなる状況に陥ります。



そうなれば経済は活発化しなくなります。






mouseover